お勧めの睡眠改善方法

多くの女性看護師にとって気になるのが、夜勤による体への影響です。夜の勤務は昼夜が逆転するため、生活リズムを崩しかねません。しかしそのような理由で夜勤を辞退することは出来ないため、しぶしぶ夜勤を引き受けざるを得ない看護師が多くいます。

夜勤の仕事をスムーズに行うためには、良質な睡眠を取ることが大切です。睡眠は体を休めて、衰えた肌を回復させるためにも不可欠です。しかし夜間の仕事で生活リズムがうまく掴めないと、必要な睡眠時間を取る事が出来ない問題が多々あります。

もし睡眠時間の不足を感じるようであれば、次の方法を試してみてください。
まず1つ目に、空き時間を利用して仮眠を取る方法がお勧めです。短時間でも仮眠を取ると、健康や美容に対する睡眠不足の悪影響を抑える効果があります。

2つ目に、自宅で確実な睡眠を取るための環境を整えることが大切です。日勤では上手く仕事が出来ているのに、夜勤では上手く仕事が回らないという人は、もしかして睡眠時間が取れていないのかもしれません。夜勤に備えて、日中寝る際には、外からの騒音や日光が入ってこない部屋作りをしましょう。またアイマスクや耳栓などを用意して、外からの刺激を遮断するのも良い方法です。このように良質な睡眠の時間を取るだけで、夜勤の睡眠問題は解決出来る可能性があります。

こうして看護師の仕事で夜勤をせざるを得なくなっても、方法次第では体調を整えることが十分可能です。

2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント